第2回医食農を語る会

2月の「寒じめほうれん草」に続き、今回は赤の食材パワー。「トマト」それから「アスタキサンチン(植物由来)」について専門の講師をお招きしての勉強会、そして食事を楽しみました。

集合

参加者は医療(医師・薬剤師・理学療法士)、製薬メーカー、それから国立大学体育学部教授、そして生産者、流通、有名な料理家の、まさしく医食農の領域から。

 

食品の品質を科学的に知り、料理へも応用。そこに美味しさ=品質の高さ=健康への寄与という共通認識が生まれます。

 

演題1

アスタリール株式会社 渡邉雅則様「アスタキサンチンのアンチエイジング効果」

スクリーン

解りやすく説得力のある内容。サプリメントも臨床で実績をあげています。

 

演題2

東北農研機構 由比進先生「岩手うまれの調理用トマトの紹介」

由比先生

日本でのトマト文化は生食用。輸入ものの缶詰トマトの消費は多く、調理用トマトの生産と食文化の浸透は課題です。岩手で品種改良された、なつのこま・にたきこま・すずこま はそれぞれの特徴を持っています。

八幡平サーモン

八幡平サーモンの生産者。環境の良い場所できれいな清水で、サーモンには天然のアスタキサンチンをエサとして与えています。サーモンピンクよりもっと赤い八幡平サーモンは健康な魚です。

狩野シェフ

お料理の担当は今回もホテルメトロポリタンニューウイング・モンフレーブの狩野シェフです。赤の食材のオンパレード。高い料理技術があってこそ!

トマト

すずこまトマトの蟹詰め カタロニアソース

サーモン

八幡平サーモンのマリネと彩り野菜サラダ

ebi

赤座海老とビーツのコラボレーション

yamabudoh

真鯛のソテーのすずこまソースと山葡萄ソース

牛肉

紫波もちもち牛モモ肉と単角牛ホホ肉の煮込み人参のロースト

 

赤いフルーツ ハイビスカスゼリー

 

皆さん堪能してくださいました。

 

日本人の身体の変化をとらえる事について、高齢化が進んだということ、肉体労働が減ったということを考慮しなければなりません。

 

数値だけの栄養学がいかに愚か、そしてその考えが輸入品や加工品の入り込む隙をつくってしまっている、ということ、専門家・細分化されすぎた社会に、気づきをもたらしたいです。

Mr.Itoh

クロージング・リマークスは伊藤勝康シェフ

 

次回も繋がります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください