大切なのは「生産者」

医食農連携とは言っても大事なのは生産してくれる人。消費者(生活者)の対極にあります。 メンバーが活躍しています。まずは8月1日岩手県紫波オガールで開催「産直交流会」。会長は伊藤シェフから挨拶。

伊藤シェフ

そして宮田医師の講演「黄金の国いわて:シニア世代の暮らしが日本の未来を変える」。生産か消費か、社会保障に頼らないシニア世代に期待。そのためには健康長寿です。 宮田講演

そのあとは伊藤シェフと狩野シェフのお料理で交流。やはり美味しい場所には活力が湧いてきます。 狩野シェフ料理 伊藤シェフ料理2

割烹着は暮らしを実践している女性のみ着る事が許されます。 シニア世代は女性の活躍が不可欠。

巨匠

さて日程をかえて伊藤シェフ主催の「岩手の食の未来を語る」サマーキャンプ in 石黒農場。

party3

岩手の食材、伊藤シェフの手にかかればたちまちキュジーヌ!

未来、熱く語り合うこと翌朝4時。

menu5 menu4 menu3

のんびりしているが一度始めたら岩手の駆動はすごいぞ!

party2

 

岩手県の農業。これからも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください