宮田恵 のすべての投稿

H30年度事業開始は大阪での青果物の機能性に関わる講義から

H30年度も農水省補助事業を受託いたしました。

「寒じめほうれん草の機能性表示にかかわる取組み:今年度は岩手県八幡平市で実施(久慈市は現在進行形です)」

「青果物の機能性にかかわる知識の普及」「八幡平市の健康増進に関わる活動」

などの課題が提示されています。

 

52日、食育大学大阪校にて「野菜・果物の機能性でアンチエイジング」と題しまして25名の方々に講義させて頂きました。

 

機能性、アンチエイジング、それぞれを説明することも多くの時間を要しますが、今回は野菜果物の機能性、機能性表示を知ることで、ひとつの成分のサプリメントや食品をとる事より青果物丸ごと頂くことのメリットを主にお伝えました。

 

食育大学のテーマが「本物、良い食材」。機能性からの本物・品質の説明もオーバーラップするわけです。若い方々がこうして熱心に受講してくださるのですから心づよいと思いました。

 

温州みかん、大豆もやし、弘前りんご、そして岩手の寒じめほうれん草の機能性表示にかかわる成分の他、まるごと食べることのメリットを説明して講義を終了しました。

 

最後の言葉「高品質の野菜・果物を毎日コツコツ食べることは、長期的には薬よりも大きな効果をもたらす」で締めました。

 

終了後のランチは主催者の手作り。素材、調味料、お料理する方の技術とおこころに本物がありました。

世界で唯一・田野畑村のワカメの価値

国内で流通するワカメは、ほとんどが外国産(中国産)です。また国内で養殖されるワカメはほとんどが購入した種を利用しています。

 

岩手県田野畑村のワカメは天然採種。しかもそのワカメの種類はかなり特異です。環境もすばらしく、外海で、しかも大きな河口からの水流が流れ込まない、理想的なワカメであることは研究者が調査していました。

 

しかし三陸産ワカメとひとくくりで販売されている田野畑村のワカメ。地域の宝物食材としの価値を再認識するために講演会、産地見学を行いました。(以前も何度かこういった試みはあったものの結果を出せていないことが不思議。このことが私を駆り立てました)。

 

田野畑村漁業協同組合長の中村氏から現状を説明していただきました。

 

そして元岩手県主席水産業改良普及員石川先生から講演をいただきました。なぜ田野畑村ワカメが「世界一なのに世界一になっていないのか」。とても興味深く、こういった研究成果が残されているのに・・・。

 

次が岩手大学農学部教授山下先生から「ワカメの香り成分の比較研究」。国産ワカメには海外産には無い「松茸の香り成分を持っている」。国民はただ黒いだけのワカメを食べている。これは驚きです。

 

クロージング・リマークスは岩手大学名誉教授西谷先生より。

 

交流会では羅賀荘のご厚意により、田野畑村伝統食を特別準備。

      

早朝のワカメ加工見学は、筋金入り参加者が集合。茹でる→塩蔵加工。初めて見る光景に全国のスローフードメンバーが感動。

 

 

課題はこれから。生産して業者にワカメを渡すだけなら、植民地と同じ。ここにしかないものを大事にしていくためには地域の行政機関との連携が不可欠です。

寒じめほうれん草のレストランイベントを開催しました。

寒じめほうれん草のレストランイベントを開催しました。

 

開催に先立ちほうれん草農家さんを訪問。

 

良い感じで締まったほうれん草がハウスの中でスクスク。今年は秋の天候不良による生育不良、せっかくの寒さが役に立ち切れていない感じです。

 

 

参加者の皆さんに寒じめほうれん草、赤軸ほうれん草、普通のほうれん草の食べ比べをして頂きました。

 

私の方から、寒じめほうれん草のレクチャーを。品種では無く栽培技術、これは岩手の農業技術の宝物です。健康食材としての価値を説明。ほうれん草のルテインは眼の健康維持に役立つ。現在、機能性表示の取得に向けて準備中です。

 

寒じめほうれん草メニューは盛りだくさんの内容。

参加者に寒じめほうれん草の魅力を伝える事ができました。

 

 

 

 

岩手の機能性食品青果物の価値を知る:開催しました

「岩手の機能性食品青果物の価値を知る~農家さんが作っている機能性食品~」開催いたしました。

代表宮田から「もう一度食について考える」

岩手県生命工学研究センター部長、矢野先生から「機能性食とは」

薬剤師・杉田さんから「薬剤師は食をどのように語っているのか」

野菜ソムリエ協会理事長・福井栄治氏より「儲かる農業」

久慈市の寒じめほうれん草農家さんを交えてシンポジウム


消費者庁の機能性表示食品は健康食品関連企業のひとり勝ちの状態。一つの成分が一定の基準を超えているなら健康増進に寄与するという考えが基本の制度は100%納得できないけれど、寒じめほうれん草の丸ごとの健康価値を表現できるひとつの戦略なら、農学基礎研究、農家さんの努力と技術、すべて結集して届け出まで牽引していくことがミッションです。

ただし!価格に反映されなければ届け出の意味は無し、その点を野菜ソムリエ協会理事長の「儲かる農業」が表現してくださいました。

会の運営などは事務局の渡邉さんが全て実施。

司会進行は野菜ソムリエ上級プロの小原薫さんでした。